FC2ブログ

バイク乗りのエンジニアの気ままな日々を綴っていきます

~いつもここから~

私の愛車であるNinja400ですが、納車から半年ちょっとですが既に3度ほど転倒させています。

1回目:Uターンごけ(右転倒)
2回目:ヘアピン曲がりきれずガードレール追突(左接触、右転倒)
3回目:駐車場通り過ぎかけあわてたらバランスを崩し立ちごけ(左転倒)

1回目はちょっと傷がついた程度で済んだのですが、2回目、3回目は幾つか破損箇所が出てしまいました。

2回目
 ・左サイドカウル(爪破損、接触痕)
 ・ヘッドカウル(先端ひび割れ、ヘッドライトカバー爪破損)
3回目
 ・左ステップ(破損)
 ・クラッチレバー(先端部破損)
 ・左ミラー(アーム湾曲)

3回目の破損個所はミラー以外すぐ直したのですが、それ以外は放置したまま乗っていました。しかし、これからシーズンに入っていくのにこのまま放っておくのは車体的にも自分の気分的にもよくなかったので、修理することに。


というところまでが2/11の話。先週末に交換するパーツがすべてそろったとの連絡を受けたので1週間ほどあずけていました。

そして帰ってきたのがこちら
IMG_0303.jpg


ガードレールに擦って白くなっていた傷は
IMG_0286.jpg
このとおりきれいに
IMG_0304.jpg

爪が折れてしまい隙間が空いていたカウルは
IMG_0292.jpg
隙間がなくなり雨で電装系がやられないか不安がらなくても済むように
IMG_0308.jpg

アームが曲がったミラーは
IMG_0287.jpg
せっかくなので社外品に変えてみました。TANAXのAEX5です。アクセサリのカラーテープは車体の色に合わせて赤色のものを貼りました。
IMG_0305.jpg

このミラーは眩しい光をカットする加工がされているらしく、その関係でちょっと色がついています。写真だとちょっとわかりにくいですが少し赤紫っぽい感じに見えます。
IMG_0288.jpg
IMG_0306.jpg

また、ついでにUSBソケットもつけてもらいました。キジマの防水タイプのやつです。蛇腹の部分がゴムなので、伸ばしてあげればソケット部分が濡れるのを防げる優れもの。(最初は上のカウルの写真に写ってるようについてたのですが、ハンドルをフルロックした際にタンクに干渉したので下のように付け替えました。)
IMG_0309.jpg

今まではポーチタイプのスマホマウントにモバイルバッテリーを入れて電源の代わりにしていたのでハンドル周りがごちゃごちゃしていたのですが、これでだいぶすっきりしました。
IMG_0290.jpg


と、以上が今回の改装です。せっかくきれいになったのにいきなり傷をつけるようなことが無いように気を付けて乗っていこうと思います。


ミラーのインプレ記事はそのうち書きます。
スポンサーサイト



  1. バイク
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

2/22 (日) にカワサキプラザ東京のボウリングイベントに参加してきました。

7,8年くらいぶりのボウリングでイベントが告知されてからずっと楽しみにしてました。学生時代はあまりそういった遊びをしてこなかったのでね。

場所は田町ハイレーン。夕方に田町駅に集合。昨日会ったばかりの人もいれば11月に会ったっきりの人、初対面の人まで、全部で24人の大所帯でした。気さくな人ばかりなのでこの人たちといると楽しいです。

受付をしてシューズを借りて球をえらんだらレーン割り。今回は二人一組12チームでのスコア対決。優勝ペアには景品があるとのことなので頑張らねば。
とはいえ久々過ぎて全然感覚を思い出せず。最初の練習投球と1ゲーム目2回くらいまではガーターだったり1本しか倒せなかったりと悲惨でした。
そこからようやく慣れてきてそこそこ倒せるようになり、1ゲーム目は3位に。トップとは15ピン差なのでまだ頑張れば巻き返せる。
しかし2ゲーム目にして疲れたのかボロボロ。相方もちょこちょこミスして上との差が開いていく。自分にスタミナと集中力がなさすぎることをつくづく思い知らされました。
3ゲーム目は序盤快調だと思っていたら中盤で6~7本が続き結局あまり伸びず。結局優勝は逃してしまいました。

勝てはしませんでしたがそれでもとても楽しかったです。人数もいるので大盛り上がり。こう大勢でわいわいやるのはやっぱり楽しいですね。


ボウリングの後はそのまま田町駅近くの居酒屋で飲み会。話すことはもちろんバイクの話。暖かくなる時期も近づいてきて、みんな今年はどこに行きたいだとか、ここ楽しいよとか。まだバイク歴半年で行った場所は少ないので楽しい場所の話を聞くとわくわくしてました。今年はいろんなところに行ってみたいですね。

来月はツーリングイベントも企画されているらしいので、そちらにも参加してこようと思います。最初はいったいどこに行くことになるのかな?
  1. イベント
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

前回の記事に書いた通り、TriumphのDAYTONA675を試乗してきました。

通常の試乗だと下道を数キロ程度しか走れないため、特にSSのような速い速度で真価を発揮するようなバイクではイマイチピンとこないかもしれません。しかし、今回はプレミアム試乗とのことで、3時間・距離無制限・コース自由(高速OK)で乗れるので、高速も交えたルートで思う存分楽しもうと思います。


まずは身体を慣らすために走りなれた道を、ということで、環八→湾岸道路→環七→城南島→中央防波堤と通り、ゲートブリッジを渡って若洲海浜公園へ。

20150214_090721000_iOS.png

出発してすぐはおっかなびっくりの運転だったのも、若洲につくころには感覚を覚え余裕をもって運転できるようになれました。加速もブレーキングもNinja400を比べかなり強力ですが、変な癖もなく慣れるのは簡単でした。

コーヒーを飲みつつパシャリ。コンパクトかつスタイリッシュなデザインでかっこいいですね。
IMG_0299.jpg

IMG_0301.jpg

若洲を出てからはお楽しみの高速ルートへ。新木場から湾岸線に入り、そのまま大黒PAへ。

20150214_090907000_iOS.png

ところどころ多少混雑はしていたものの、おおむね流れは順調。やはり高速走行が楽しいですね。タンクにおなかを乗せてスクリーンにもぐってしまえば風も受けずぐんぐん加速できる。まさにバイクと一体になっている感じでした。

予定では大黒PAから大黒線→横羽線ときて羽田で降りて戻る予定でしたが、この時点でまだ1時間半もあったので、もう少し距離を稼ぐことに。というわけで本牧JCTから狩場線→横羽線と行くルートに変更。

20150214_091018000_iOS.png

しかしこれが大失敗。狩場線が渋滞していて時間を取られました。石川町JCTまでさほど距離がなかったのが救いでしたが、SSでの渋滞はなかなかしんどいですね。

横羽線は混んでなかったので再び楽しい高速タイム。湾岸線と違い程よくカーブもあるのでまた違う楽しさがありました。

大黒PAを出てすぐにメールの着信音が鳴っていたので、それの確認をするために平和島PAに。返事だけ出してすぐ出発。

都心環状を回って羽田まで戻ってくればちょうどいいかなと思っていたら、案内板が都心環状の渋滞がちらちらとあることを伝えてきたので断念。芝浦で降りて第一京浜で戻ります。

20150214_091333000_iOS.png

手前の勝島で降りておけばよかったのもの、行き過ぎてしまったのでタイムリミットぎりぎりの到着になりそうな予感。おまけに第一京浜は大混雑。仕方ないのでやらないと決めていたすり抜けを決行。ぶつけないように慎重に。

最後に店の近くで給油だけして店に到着。大体時間通りでした。危ない危ない。


今回試乗してみた感想としては、走ることそのものが楽しいバイクだなといった印象でした。楽しすぎて景色何て気にもしないくらい。きっとSSはどれもそういうものなのかなと思います。

その他の感想
●加減速
昨日試乗したNinja1000以上にきびきびとした加減速でした。アクセルのレスポンスが早くいつも通りの走りだしをするとクラッチをつなぐのが若干遅く一瞬空ぶかししてしまうくらい。ブレーキも強力で最初のうちはかけすぎて前転するんじゃないかとひやひやしたことも。しかし慣れてしまえばコントロールは容易なので、すぐに遊べるようになるかと思います。
●足つき、フィット感
Ninja1000とシート高が同じなので当然なのですが、小柄な見た目の割にシートが高く足つきはやや不安。最初またがったときはまんまと騙されて車体を起こし損ねました。車重がNinja400よりも軽いので、起こすこと自体は簡単ですね。
ボディは細く、やや内股になっているような気がしました。フィット感的にはNinja1000のどっしりした感じの方が好みですかね。
●姿勢
初めてSSの前傾姿勢を体験しましたが、確かに長時間はキツイかもしれませんね。特に下道では視界を確保するために腕を突っ張って頭を高くするため、結構腕に負荷がかかるような感じがします。逆に流れのいい状態の高速ならタンクにおなかを当てて肘を締めておけばかなり楽になりますね。


そんな感じでSSの楽しさが体感できた試乗でした。これは大型乗り換えはSSにするのも考えてしまいますね。とはいえまだまだ先の話なので、他のタイプのバイクの試乗をしてみたり、自分がバイクに求めるものが何か考えたりしながらゆっくり決めていこうと思います。
  1. バイク
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

世間は花の金曜日ですが、私は有休をいただいて一足早い週末に。

年明けから大型二輪の教習に通いだし、先週無事卒業できたので、今日は免許センターに行って併記申請をしてきました。これでようやく大きなバイクにも乗れるようになりました。かっこいいと思うバイクが総じて大型ばかりだったので、これで次のバイク選びはかなり選択肢が広がりそうです。(ローンがまだまだ残っているので乗り換えはまだ当分先ですが・・・)


併記が完了したらその足でいつもお世話になっているカワサキプラザ東京さんへ。免許取得の報告と大型二輪免許を取ったら真っ先に乗りたいと思っていたNinja1000の試乗をさせてもらうためです。

手続きを済ませて鍵を受け取ったらいざ出発。今回は15年モデルに乗ることができました。

乗ってみた感想をいくつか
●乗り心地
かなり太もも周りがフィットして快適でした。Ninja400はちょっと薄くてニーグリップした時のフィット感にやや欠ける感じなのですが、Ninja1000はどっしりしていて挟み込んでる感がしっかり感じられました。
ただしちょっと全体的に硬質な印象。シートが硬いだけでなく、車体自体もやや硬く倒しこんだときにNinja400のようなしなやかさが感じられなかったです。
●足つき
思いのほかシートが高かったです。カタログスペックでは15mm差のはずなのですが、体感30mmくらい高くなったような印象。私は体重が50kgに満たないので、リアサスもあまり縮まらず余計高く感じるのかもしれません。とはいえベタ付けとはいかないものの両足つくので、困るのはまたがったままのバックが場合によっては出来ないことくらいですかね。
●エンジン音
とにかく静かです。グッと加速しても顔色一つ変えずについてくる感じ。まだ普通二輪の免許すら持ってなかった頃、後ろに乗せてもらうためにNinja1000とZX-6Rに迎えに来てもらったことがあったのですが、閑静な住宅街しかも夜にもかかわらず家の前を通過したことに気付かなかったということがあったのですが、自分で運転してみて納得がいきました。
ただ2気筒の加速時のドコドコ感が結構好きなのでちょっとさびしい感じもしていたり。
●加速
さすがリッターバイク。比べ物にならないくらい加速が良かったです。スロットルを対して回さなくてもぐんぐん進んでいく。やっぱりバイクは加速が楽しい乗り物だなと改めて感じました。


8kmの試乗を終えて戻ってから、今度はそのままトライアンフ東京大田へ。ここでは3時間距離無制限コース自由のプレミアム試乗コースというものをやっているので、せっかくならSSで高速乗ってみようと思い、DAYTONA675での試乗を予約してきました。通常は3000円の保険料が必要なのですが、ちょうどキャンペーン中らしく今回はタダ。とてもありがたいです。

予約が済んだあとは一旦お昼ご飯を食べに帰ってから、明日の試乗コースを決めて下見に。試乗車にETCが付いているのも確認したので、高速も交えたルートを選択。

プレミアム試乗ルート




若洲で一度休憩する予定ですが、戻るにはちょっと早い気もするのでもう少し回るかもしれません。渋滞してないことを祈りたいですが、多分大井JCT付近が工事規制で混みそうな予感。試乗車で渋滞にはまったらおとなしく巻き込まれようかな。
  1. バイク
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

はじめましての方ははじめまして、そうでない方はお世話になっております。

このブログでは主にツーリングの記事を、たまに違うネタも書いていこうと思います。
今までずっとFacebookでやっていたのですが、記事の途中途中に写真を挟めないのが不便だったので、ブログの方に移行しようかと思いました。

最初なので今回は簡単に自己紹介でもしようかと。

名前:wotax
住所:東京都
職業:IT系エンジニア
趣味:バイク(歴半年、愛車はNinja400 '14年モデル橙)
音楽(歌や楽器演奏等、Sax歴10年(うちブランク4年)、ギター歴3年、ベース歴2年)
ゲーム(音楽、アクション、ボードゲーム、TRPGなど)

とまぁこんな感じの人間ですがどうぞよろしくおねがいします。
  1. 自己紹介
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY