FC2ブログ

バイク乗りのエンジニアの気ままな日々を綴っていきます

~いつもここから~

鈴鹿サーキットで毎年行われるレース「コカ・コーラゼロ 鈴鹿8時間耐久ロードレース」の観戦に行ってきました。

木曜から予選が開始されていましたが、今回は土日のみの観戦。土曜午前のST600クラスの4時間耐久決勝も見たかったので、深夜2時前に家を出発。初めてのレース観戦にワクワクしてあまり寝れなかったので、久しぶりに眠眠打破をキメての出発です。

途中給油のために足柄SAに寄ったら、エヴァの像が立っていました。コラボイベントをやっているみたいですね。
IMG_0992.jpg

そのまま一気に刈谷SAまで行ったあたりで眠気が。軽くベンチで仮眠をとって再出発。

そしてついに来ました鈴鹿サーキット。4月末のBBB以来ですね。
IMG_0993.jpg

台風が近づいているとは思えないほどの快晴。最高気温は35度の予報。暑くなりそうです。
IMG_0994.jpg

ゲートオープンと同時に入場。すぐにカワサキイベントブースで応援グッズを受け取りました。フラッグが予想以上に長かったです。
IMG_0995.jpg

そのままグランドスタンドへ向かって4耐開始待機。奮発してV2チケットを買った結果、スタンド入り口の真上最前列でした。前に邪魔になるものがないので観戦しやすそう。まぁどうせ途中で移動するでしょうが。

真正面にはわれらがTeamGreenのピットが。
IMG_0996.jpg

9時ちょうどに4耐決勝スタート。3周くらい回ったあたりで最終コーナー側に移動開始。

最終コーナーやHITACHIシケインあたりでカメラを構えてみたものの、55mmレンズじゃ全然だめでした。ズームレンズがほしい・・・。そんなこんなで撮影もほどほどにレース観戦。
IMG_1095.jpg

途中カワサキイベントブースでKCBMをやっていたのでFMラジオで実況を聞きながら参加。TeamGreenの選手3人によるトークショーをやっていました。
IMG_1111.jpg

この後のTOP10トライアルで2分5秒台を出すと宣言する渡辺選手。予選ではトップタイムを出しているのもあって期待大です。

午後1時チェッカーで4耐終了。優勝したのはZX-6Rを駆ったTSSレーシング速心YSSサンタバイクNCCでした。さすがわれらがカワサキのバイク。やってくれました。

そのあとはなんとくまモンによるデモンストレーション走行。
IMG_1112.jpg

くまモン仕様のモンキーでホームストレートを走ってくれました。かわいい。
IMG_1114.jpg

その後はTOP10トライアル前にU29・・・と思いきや、イベントスケジュール変更。先ほど4耐で優勝したTSSレーシング速心YSSサンタバイクNCCの中村選手、和田選手、安東監督によるトークショーが始まりました。
IMG_1115.jpg

和田選手はなんと14歳の中学生。まだ免許も取れないような年齢にもかかわらず、大型バイクを駆って見事優勝まで勝ち取るなんてすごいですね。まだまだこれからが本番の選手なので今後の活躍に期待です。

そして彼らからのプレゼント。3人のサイン入りTシャツをじゃんけんで争奪。そして・・・。


まさかの自分が勝ち取ってしまいました。今までU29のじゃんけん大会で1度も勝てなかったのはここで勝つためだったのか。和田選手から受け取り、握手をかわしつつ応援のメッセージをかけました。
IMG_1146.jpg

そのままU29になだれ込み。そしてじゃんけん大会でまたも勝利。カワサキのショルダーバッグをゲットしました。今年のじゃんけん運はこれで使い切ってしまったかな。

そんなことをしていたらTOP10トライアル開始。TeamGreenからは柳川選手と渡辺選手が走行。

5秒台と宣言していた渡辺選手はセクター1で少しミスをしてしまい残念ながら6秒287。ヤマハファクトリーが6秒ジャストを出してきてしまっていたため残念ながらポールポジション獲得ならず。それでも2番グリッドを確保してきたのはさすがです。

この日はこれで終了。前夜祭には参加せずそそくさと帰宅。1日中半袖で外にいたので、日焼けがひどく真っ赤になっていて痛いくらいでした。

そのまま愛知の実家に帰り水シャワーを浴びて一休み。寝不足と疲労であっという間に寝てしまいました。

そして翌日。5時起床5時半発で再び鈴鹿へ。

さすが決勝当日。土曜より早い時間に来たのにもう車もバイクもあふれかえっていました。
IMG_1116.jpg

この日も快晴。台風とは何だったのか。暑く熱いレースになりそうです。

朝のフリー走行でエヴァRTがまさかの転倒。スペアマシンをだしてフリー走行を再開したらスペアも転倒してしまいレース開始前から大ピンチ。

フリー走行が終わり、今度はデモンストレーション走行。カワサキからはNinja H2R、ヤマハからはYZF-R1M、ホンダからはRC213V-Sが登場。
IMG_1118.jpg

H2は何度か見たこともあるしまたがったこともありますが、H2Rは初めて見ました。かっこいいし走行中の音も迫力があっていいですね。欲しくなっちゃいます。買うお金も乗る度胸もありませんが。

そしてオープニングセレモニー。いよいよ8耐の幕開けです。
IMG_1120.jpg

サイティングラップでは、エヴァRTが転倒時の損傷の修復をギリギリで終えてピットロード閉鎖30秒前にようやく出発。なんとか出場できないという残念な状況は回避できました。

決勝開始10分前、ウォームアップ走行でTeamGreenまさかの停車。すぐに再スタートしましたが不安が残ります。

そんな不安の中11時30分、ついに8耐決勝スタート。TeamGreenは6位で1周目を回ってくるという悪くないスタート。

カワサキ応援勢はそろって旗を振って応援。
IMG_1123.jpg


しかしウォームアップ走行中のトラブルが気になるのかタイムが縮まらず徐々に先頭から離されてしまいました。

この日の最高気温は34度。最高路面温度は62度ほどもあり、タイヤの性能が発揮できず転倒が続出。なんと今回のレースではセーフティーカーが6回も出てくるという異例の状態。

TeamGreenも他のバイクに巻き込まれて転倒してしまいました。

さらには注目の集まっていたMusashiRTハルクプロのケーシー・ストーナーもマシントラブルでヘアピン手前で大転倒。バイクは大破、ストーナーも骨折でリタイアとなってしまいました。

そんな波乱のレースを見ながら、写真を撮ったり、時には4耐の時と同様ラジオ中継を聞きながらイベントに参加したりしていました。
IMG_1124.jpg

19時30分、レース終了。優勝は恐ろしい速さと燃費の良さを備えた新型YZF-R1を駆ったヤマハファクトリーが勝ち取りました。TeamGreenは9位、エヴァRTも11位と惜しい結果に。しかし前年の13位よりは前進しているので、来年、再来年あたりには表彰台に上がれるのではないでしょうか。

帰り際、観覧車が緑色に光っていて、まるでカワサキ勢の奮闘をたたえているようでした。
IMG_1134.jpg

そのまま実家にもう1泊して、翌日ゆっくりと帰宅。走行距離は943.6km、ODOは18653kmになりました。
IMG_1144.jpg

IMG_1145.jpg

チャレンジクルーズは18653-15938=2715km。ODOが18000kmを超えたのでそろそろ点検にもっていかないといけないですね。しかし予定的に8月下旬まで行けなさそうです。


<おまけ>
5日たったあとの腕の日焼けの様子。久々に皮がめくれるほどの日焼けをしました。
IMG_1148.jpg

スポンサーサイト



  1. レース
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY